「胸」に手を当てる

ナチュラルレイキ

こんにちは。知世です。

今日は「」に手を当てます。

この部分に手を当てることで

心臓」や「」、
そして「感情」に意識を向けます。

「胸」に手を当てる



①自分自身を心地の良い状態にする
手を当てるときの「自分の状態」の作り方を参照)

②仰向けになって、両手を胸に当てる
※場所は手を置きやすい所でok
※座っていても立っていてもok

手を当てている部分から
心臓や肺の方へ
エネルギーが広がっていく
イメージ
をする。



「胸」について



「胸が痛む」
「胸がいっぱいになる」
「胸がおどる」
「胸が裂ける」
「胸がキュンキュンする」

などという表現があります。

恋をしたときには本当に
胸がおどっているような
キュンキュンしているような感覚、

相手の悲しい気持ちを想像したときには
本当に胸が痛んだり
本当に胸が裂けそうな感覚、

感動したときは
本当に胸から何かが溢れそうな感覚など

誰もが味わったことがあるかと思います。



「胸に手を当てて聞いてみて!」
という表現もあるように

胸は「自分の気持ちを感じる場所」だと
だれもが何となく感じているかと思います。



これは私の感覚ですが

まず「胸」で感情を感じて、

消化できなかった感情が
重たくなって下に下に下がっていき
「お腹」にたまるという感覚。

なんとなくイメージできるでしょうか?



「感情」は目に見えませんが
誰もが決して「ある」ということを
疑いません。

そして感情は、
目に見えるもの(肉体)とつながっていて

肉体に影響を与えています。

そして肉体も、感情に影響を与えています。



実際に、
好きな人とおしゃべりしているときは
心臓の音がはやくなります。

フラれたときには
胸が苦しくなります。

逆に、運動したあとに
心臓の音がはやくなっていると
なんだか爽快な気分になります。

ゆっくり深呼吸して
肺をゆったり膨らませたり萎ませたりすると
だんだんリラックスしていきます。

胸に手を当てて、
身体の感覚に耳をすませてみることは
感情と向き合うことにつながります。




今身体はどんな感じがする?
心地よい?心地よくない?

こんなことを感じているからかな?
あんなことを感じているからかな?

そうやって
丁寧に身体と感情と向き合ってみると

なんだかすごく満たされた気持ちに
なります。


感じきることができれば
感情がお腹にたまることもなく
「腹黒く」なる必要もないのかもしれません(笑)



心臓の音をきいてみる

その場で50回ジャンプしてみてください。

そしてそのあとすぐに
胸に手を当ててみてください。

そして心臓の音に意識を向けます。
手で、心臓の音をきくような感じです。



だんだんだんだん
ゆっくりになっていく心臓の音。

私たちが意識してもしなくても

今必要な速さに自動調整してくれて
そして死ぬまで止まることがない。

この世にそんながんばりやさんのものが
心臓以外にあるでしょうか?

私は思いつきません・・・



心臓が動き続けるそのエネルギーは
いったいどこからやってくるのでしょうか?

心臓の音に意識を向けることは

みんながいわゆる「神様」と呼ぶような
得体がしれなくて大きな大きな存在を
なんとなく感じるきっかけに
なるような気がします。

ぜひ一度、心臓の音をきく時間を
つくってみてくださいね。



まとめ

胸に手を当ててみていかがでしたか?

胸に手を当てることで
もちろん肉体的にもヒーリングすることが
できますが

その部分あたりで感じている「感情」も
ヒーリングすることができます。



感情も素粒子であって
素粒子が高速回転する速さによって
どんな感情であるかが決まっている
ということを以前書きました。

エネルギー(レイキ)でできている私たち(3話)
こんにちは。知世です。前回は 「レイキは人間の本能だ!」 ということを書きました。今回はナチュラルレイキを知りたい方のための「最初の10話」の3話目です♪「人間はエネルギーでできている」ということについ...

手を当てて、ヒーリングすることで
その感情がどんどん高速回転して
「軽く」なっていくイメージをすることも
効果的です。



身体と感情はセットになっています。

身体と感情を分けて考えずに

手を当てているその部分が
肉体的にどんな感覚があるか、

そしてその部分で
どんな感情を感じているかなど

手を当てることで
じっくりと身体や感情と向き合ってみて
くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました