浄心呼吸法&発霊法について

ナチュラルレイキ

こんにちは。知世です。

今日は「浄心呼吸法&発霊法」について。

レイキでは
エネルギーを流れやすくしたり
エネルギーを感じやすくするために
「浄心呼吸法」と「発霊法」という
訓練法があります。

レイキは誰にでもすでに流れているので
レイキを使うのに
訓練はいらないと言われていますが、

浄心呼吸法や発霊法は
レイキをより出やすくするための訓練法として、唯一レイキの講座で紹介されています。

今日はその訓練法について
お伝えしたいと思います。



浄心呼吸法

リラックスできる姿勢をつくり、目を閉じます。(あぐら、椅子に座る、仰向け、なんでもokです。)

②手のひらを上に向けます。
(座っていればひざや太ももの上に手を置きます。仰向けであれば床に手を置きます。)

③ゆったりと呼吸します。腹式呼吸が理想ですが考えすぎずに、自分が心地よいな〜と感じる速さ・深さで呼吸を続けます。

④手の平に意識を向けてみます。このとき自分自身が手に感じる感覚を楽しむような気持ちで。



発霊法

①浄心呼吸法の姿勢のまま、
手と手を合わせます。

※両手に力を入れてギュッと合わせるよりも、両手でつぼみを作るようにふんわり合わせた方が、レイキを感じやすいです。

※胸の前で合わせてもいいし、人目の気になる場所であればお腹の前や太ももの上で合掌してもokです。

②楽に呼吸をしながら、手の感覚を楽しみます。


こちらも参考に♪

自分に手を当てる意味とは?
こんにちは。知世です。ご自身の身体の各部分に手を当ててきました。 どうでしたか?手を当てている時、どんな気持ちが湧いてきましたか?今日は自分自身に手を当てる意味について書きたいと思います。自分の内側...





何もしない時間

私自身は、なんだかモヤモヤするときや調子の悪いときに、この浄心呼吸法&発霊法をやるようにしています。

というのは、私には

悩みがあったり、
気持ちがゆらゆらしてしまっているとき、
すぐにその状態から逃げたくて
すぐに答えを見つけたくて

本やネットの情報を
読み漁ってしまうクセがありました。

それはそれは、
目が充血してしまうくらい(笑)

今でもついついそうしてしまうときがありますが、モヤモヤしているときに無理やり答えを出そうとして外側に意識を向けると、どんどん悪い方へ悪い方へ考えてしまうことに気づいて、できるだけやめようと心がけています。

でも、そういう方は
多いのではないでしょうか?



もちろん、
本やネットの言葉がヒントになったり
ある言葉に励まされて
気持ちがスッキリすることってあります。

でも、本当の答えは「自分の内側」にある。

そう感じます。



モヤモヤしている時

できれば音がない場所で
目を閉じる。

耳と目からの情報がなくなると
自然と意識が自分の内側に向く。

ただゆったり呼吸をしているだけの私。

そして、「手」に意識を向けて
自分が発しているエネルギーを感じる。

今ここで、ただ息をして
放っておいても
自分からどんどん溢れてくるエネルギーを
感じる。

自分がどんどん満たされて充電されていく。



私の場合、浄心呼吸法と発霊法をするとそんなような感覚が湧いてきます。

まるでスマホを
コンセントに差し込んで充電するように、

「何もしない時間」は
エネルギーを100まで戻す
充電時間なのかもしれません。

それに、「同じエネルギーのものと同じエネルギーのものが引き合う」のであれば

エネルギー50の状態で出した答えは、
エネルギー50の私にぴったりな答えで

エネルギー100の状態で出した答えは、
エネルギー100の私にぴったりな答え
だということ。

それならとりあえず
エネルギー100の状態に戻ってから、湧き上がってくる気持ちに従ったり、答えを探したりした方が、自分が本当に幸せになる方向へ進んでいけるような気がします。

浄心呼吸法や発霊法は、「何もしない」に名前をつけたようなものだと私は思っているのですが(笑)

「何もしない」に慣れていない私たちには、「浄心呼吸法と発霊法をする」という方がやりやすいのかもしれません。


浄心呼吸法や発霊法は

何もしない状態を作ることで

自分のエネルギーを100に戻すもの。


私はそう感じながら
浄心呼吸法や発霊法を行っています。



まとめ

今日は浄心呼吸法と発霊法について
書きました。

自分自身がリラックスしているときは
振動数が高い状態で

手を当てる前にその状態を作ることが
大きなエネルギーを届けるコツだと
これまでお話してきましたが

浄心呼吸法と発霊法も
そのリラックスした状態を作るための方法の1つなんだと思います。



1分でも5分でも10分でも1時間でも、
自分の好きなだけ「何もしない時間」を体感してみてくださいね。

何か感じることがあると思うので
その感覚を大切にしてあげてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました