レイキ「五戒」とは?

ナチュラルレイキ

こんにちは。知世です。

レイキを実践する人=レイキヒーラー

レイキヒーラーの心の持ち方を
とってもシンプルに表現したものが

「五戒」です。


【五戒】

今日だけは

怒るな
心配すな
感謝して
業を励め
人に親切に

・・・シンプルすぎて
なんだか拍子抜けしてしまうかも
しれませんが

レイキヒーラーとしてはもちろん

人が幸せに生きるために必要な
心の持ち方が

ギュッとつまった言葉だなぁと
思っています。

生きていく中で
何か迷ったときなどに
指針になるような言葉を持っていると
すごく心強いですよね。


私自身は、

身体的に、精神的に、しんどいときや
何かに迷ってモヤモヤするとき

この「五戒」を唱えたり、思い出すと
ニュートラルな状態に戻りやすい。


シンプルな言葉なだけに
人それぞれいろんな解釈があると思うし
あっていいと思います。

今日は私なりに「五戒」を
解釈してみたいなと思います。


レイキヒーラーの「心の持ち方」が大切な理由

レイキヒーラーは
手を当てることで

自分自身の振動(エネルギー)を
相手に伝え

相手の振動(エネルギー)を
高めます。

だから

レイキヒーラー自身は、振動数を上げて

レイキ=愛の振動数に近づけておくことが、

より大きなエネルギー(レイキ)を
流すためのコツだとお伝えしてきました。


振動数は

言葉
思考
行動

によって日々変化しています。

どんな言葉、どんな思考、どんな行動を「選ぶ」かによって、自分が発する振動数がその選択によって変化していきます。

その「選ぶ」ときの指針となるのが
「五戒」なのかなというのが
私自身の考え方です。

たとえば

嫌なことがあって
気持ちがモヤモヤしているとき、

どんな言葉を使い
どんなことを考え
どんな行動をとるかは

自分で決めることができます。

私の場合、

家族や友達に愚痴を言って
そのことについて頭の中でグルグル考えて
「なんでこうなるの」と自分を責め
スナック菓子をバカ食いして(笑)
不機嫌な雰囲気で周りの人を暗くする・・・

そんな選択をしてしまうときもあります。

自分の振動数も、周りの人の振動数も
下げまくってしまう選択ですよね(笑)


でも

同じ状況の時でも

少し立ち止まって「五戒」を思い出して

【怒るな】
今私は怒っているなぁとただ感じてあげて、
周りの人を巻き込まないようにする

【心配すな】
心配しても状況は変わらないなら
「なるようになる!」と開き直り、
好きな映画を見て気分をあげてみる

【感謝して】
とりあえず嫌なことは脇に置いておいて
おいしいごはんを食べたり
あたたかいお風呂に入ったりして
今の環境に感謝してみる

【業を励め】
淡々と体を動かし
今自分にできることに集中して
嫌な気持ちに戻らないようにしてみる

【人に親切に】
嫌な気持ちを表に出さないようにして
明るく挨拶するように心がける。

というようなことを
「選ぶ」こともできます。

湧いてくる自分の気持ちを
変えることはできないけれど

その「気持ち」とどう寄り添うか

その「気持ち」の中で

どんな言葉を使うか
どんなことを考えるか
どんな行動をするか

それは自分次第で
その自分次第の部分が
自分の振動数を上げたり下げたりします。


ついつい
湧いてくる気持ちに影響されて

その気持ちのままに
言葉や思考や行動を
選んでしまうこともあるけれど

そんなとき
「五戒」を知っていることで
違う選択ができたりする。

そんな便利な言葉が「五戒」なのかなと
私は思っています。



「今日だけは」の意味

今日だけは、怒らないで。
今日だけは、心配しないで。
今日だけは、感謝しよう。
今日だけは、業を励もう。
今日だけは、人に親切にしよう。

この「今日だけは」は
すべての言葉にかかっています。



どうして「今日だけ」なんでしょうか?

それはきっと「今日だけ」なら
できるような気がするからでは
ないでしょうか?


いきなり
「今日からずっと守りなさい!」

と言われたら、なんだか心身ともに
グッと緊張してしまう感覚ですが

「今日だけは、守ってみてね!」

そんな感じだと
なんだか気楽に取り組めます。


そして私自身は
さらに気楽に取り組むために

今この瞬間だけは、守ってみよう!

という感覚を持っています。

人間臭〜い私にとって
この「五戒」はすごくむずかしいもの(笑)

どんなに「五戒を守りたい」と
思っていても

とっさに、そしてその場の気持ちに負けて

怒ってしまったり
心配してしまったり
愚痴をこぼし、現状に感謝できなかったり
やるべきことを後回しにしたり
人に親切にできなかったりします。


でもそのことに気づいた次の瞬間に

「今」はまた始まるので

「今この瞬間だけは・・・」と
またそこから五戒を守ればいい。


守れなかった瞬間のことはすぐに忘れて

今だけは、今だけは、
五戒を守るようにしていくと

少しずつ
五戒を守れている瞬間が増えていきます。


たとえば

今まで1日の中で怒っている瞬間が
平均的に10あったのに

気づいたら1日の中で怒っている瞬間が
平均的に3しかない!

というように。


完璧に五戒を守れるようになるのは
むずかしいかもしれないけれど

怒ることが今より少なくなって
心配している時間が減って
現状に感謝できることが増えて
今目の前にある自分にできる精一杯のことを
一生懸命やる瞬間が増えて
目の前にいる人に対して
明るく笑顔で接する瞬間が増えている。

そんな自分を想像してみると

「愛」の振動数に近づいていることが
容易に想像できます。



私はそんな感じで

この「今日だけは」という言葉を
理解しています。



では、今日はこのへんで♪

次回からは「五戒」を1つずつ
掘り下げていきたいなと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました