「人」への手の当て方について。

ナチュラルレイキ

こんにちは。知世です。

手を当てるときに1番大切なのは
自分の状態」(リラックスすること)
なので

これまで「自分の状態の作り方」を
お伝えしてきました。

今日からは人や人以外のものへの
「手の当て方」について
お伝えしていこうと思います。

今日は「」への手の当て方についてです。



①手を当てる場所

さて。いざ手を当てよう!というとき
どこに当てればいいか迷ってしまうかも
しれません。

答えとしては
決まりはないので、どこでもいい

という感じなのですが、そんなこと言われても迷ってしまいますよね。

以下、参考にしてみてくださいね。



痛みや疲れを感じるところ

相手に
「どこか痛いところはある?」
「どこか疲れているところはある?」
などと聞いてみて、そこに手を当ててみます。


直感で

レイキは目に見えないことを扱うので、
「なんとなくの感覚」や「直感」や「体感」が
とても大切です。

レイキにおいて「手が呼ばれる」という言葉がありますが、「なんとなくここに手を当てたいな」と感じる場所に手を当ててみてください。

全身はつながっているので、
痛みや疲れの原因は、
その患部から離れた場所にあることも
多いものです。

迷ったら「頭」や「足の裏」

もっと気楽にやりたいときは
」と「足の裏」がおすすめです。

やってみるとわかると思いますが
とにかく気持ちいいです♪

」(脳)は
全身を動かすときの司令塔なので
頭がリラックスすると
全身がゆるんで整っていくし
気持ちも安定していきます。

足の裏」は
「全身の縮図」と言われています。
足の裏に手を当てると
不思議と全身がポカポカになり
本当に気持ちがいい。

迷ったときは「頭」や「足の裏」に
手を当ててみてください。


スタンダードポジションとは?

これは「西洋レイキ」という流派での
基本的な手の置き方です。

上半身の12ポジションに
順番に手を当てていく方法です。

※レイキの書籍や「レイキ スタンダードポジション」と検索するとたくさん出てくるので、ここでは詳しい説明は省きます。気になる方は調べてみてくださいね。

場所を決められていると
手を置く場所や姿勢に迷わず便利ですが
12ポジション全部を終えるのには
1箇所3分だとしても30分くらいかかります。

まとまった時間がとれるときや
決められている方がやりやすい方には
合った方法だと思います♪

ただ、私はあまり使っていません。
手の感覚をじっくり味わったり
直感を使ったりしながら手を当てるのが
好きだなって感じています。



②手の置き方

両手をそろえて置くか、


片手それぞれちがう場所に置くか、

【例】右手は背中に、左手は腰に・・・という感じ


どちらでもokです。

もちろん、片手だけ使うのもOKです。


手の力を抜くと
手はフワッとおわん型になると思うので
その状態のまま、手を当てます。

グッと圧をかけると
自分も相手もリラックスしにくいので

フワッと置く、のせる
ふれるかふれないか

くらいの感覚で手を当ててください。



③相手の姿勢&自分の姿勢

相手の方には、

①椅子にすわってもらう
②仰向けに寝てもらう
③うつぶせに寝てもらう

などなど、とにかくリラックスできる姿勢であれば何でもokです。


大切なのは「自分の姿勢」です。

手が疲れてしまったり
身体のどこかに力が入ってしまったりすると
リラックスできず
エネルギーが流れにくくなります。

・手、そして肩の力が抜けているか
・どこか力の入っている部位はないか

をチェックしながら
手を当てる姿勢を整えてください。

自分自身も椅子に座る、
もしくはあぐらの姿勢で座るのが
一般的です。



「ながら」がおすすめ!

「手を当てさせて!」

と伝えて、手を当てさせてもらうのもいいですが、忙しい子育て中にその時間を作るのは、なかなか難しかったりします。


そんなときは「ながら」がおすすめです。

ナチュラルレイキを実践しはじめるとき、

まずは自分や、身近な人に、
とにかくどんどん意識的に手を当てることが
上達のコツだからです。



たとえば、私がよくやるのは

・子供を寝かしつけるとき、添い寝しながらさりげなく背中や後頭部やお腹に手を当てる。

・子供がコケて泣いているとき。「痛いの痛いの飛んでいけ」をする前に10秒間くらい患部に手を当てる。(泣き止んでくれる率高し♪)

・子供が赤ちゃんだったとき。抱っこひもで抱っこして電車に乗るとき、さりげなく頭の後頭部に手を当てる。寝てくれたり、ぐずらなかったりする率高し!(笑)

・子供や旦那さんとソファでテレビを見ながら、手を当てる。

・猫がひざにのってきたら、手を当てる。

などなど、「手を当てる時間を作る」というよりも「日常生活の中で、手を当てることを取り入れる」方が、忙しいお母さんにとっては続きやすいかなと思います。


もちろん、リラックスした空間で「手を当てるためだけの時間」を作って、手の感覚を楽しんだり、ナチュラルレイキの心地よさを味わう時間もとれたら最高です!


でもまずは日常生活の中で
気軽に、こまめに、たくさん、
「手を当てる習慣」を作って

家族や自分自身の変化を
観察してみてくださいね。


まとめ

①自分を整える(リラックスする)

②自由に手を当てる!

手の当て方は、とってもシンプルです。

まずはご家族から、
そして慣れてきたら、周りの人たちへ、
どんどん手を当ててみてくださいね。




そして私は、家族に手を当てるとき、
「自分を整えてから手を当てる」ということさえも
あまり考えないようにしています。

手を当てていると、不思議と
自分もだんだんリラックスしていくからです。 

だから
「自分は今イライラしているから、
手を当ててはいけない!」
というものではありません。

むしろ
イライラしてるし、手を当てよう!
という感じで、

どんどん手を当ててみてください。

※もちろん、お金をもらってプロとしてレイキヒーリングをする場合は、「自分を整えてから」という部分は1番大切です。


ナチュラルレイキの効果は
とっても「自然」なんです。

なんか最近よくねむれるな。
なんか最近寝起きがいいな。
なんか最近、体の調子がいいな。
なんか最近、肩こりがマシだな。
なんか最近イライラしにくいな。

・・・などなど

手を当てていたら
なんかいつのまにかいい感じになってる!
という感じです。


なにかの薬のように即効性はありませんが

じわじわ少しずつ
自分の本来の状態に、
自分の力で戻っていく感覚。

ぜひ、体感してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました